« 旬 | トップページ | お客が料理人を育てる »

生理食塩水

生理食塩水とは、人間の体液の塩分のことです。

数字にすると0.7~0.9%です。

自分の体液よりも濃い塩分では、味が濃いと感じてしまいます。同じであれば、ちょうどよいと感じ、違和感なく飲めると言うわけです。

お吸い物などは、この濃度にすると美味しく感じます。

単純に言うと、ダシ1ℓに塩7gです。塩(精製塩)小さじ1は6gですからこれを目安にするといいでしょう。

こんなことも知っていると料理を作る時、役に立つものです。

|

« 旬 | トップページ | お客が料理人を育てる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/434424/7888295

この記事へのトラックバック一覧です: 生理食塩水:

» 精製塩 [塩系の調味料]
精製塩は、ニガリやほかの不純物を取った塩で、料理に最も適した調味料です。 精製塩は、天日塩を溶解した濃い塩水から再製加工して作ります。一種の工業生産物であるため、安定した生産量と品質を得ることが出来ます。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 5日 (金) 21時58分

« 旬 | トップページ | お客が料理人を育てる »